【建設業許可】 財産的基礎又は金銭的信用があること(一般建設業の場合)

おはようございます。
行政書士の蛭田 貴です。
本日は、建設業許可申請における「財産的基礎又は金銭的信用があること(一般建設業の場合)」について
ご説明します。

財産的基礎又は金銭的信用があること(建設業法第7条第4項)
一般建設業の場合
次のいずれかに該当すること。
ア 自己資本の額が500万円以上であること
イ 500万円以上の資金調達能力があること
ウ 許可申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業した実績を有すること

アは、新設法人の場合、資本金500万円以上の出資が必須で、
既設法人の場合、貸借対照表の資本の部が500万円以上あること
イは、銀行より実際に借入余力の証明をもらう必要があります
または、実際に500万円以上の預金通帳の残高証明が必要となります
ウは、すでに建設業許可がある場合、更新の際、実際に500万円の資金がなくても
継続して実績があれば問題ないという意味です

「うちの会社は建設業許可がとれるのか?」といったご質問はお問い合わせフォームよりご予約
ください。こちらよりご連絡差し上げます。

当事務所はいわき市を中心に建設業許可を主に取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 【建設業許可】 建設業とは?
  2. 【建設業許可】許可申請の結果
  3. 【建設業許可】建設業の業種と建設工事の例示(管工事業)
  4. 【建設業許可】建設業の業種と建設工事の例示(舗装工事業)
  5. 【建設業許可】建設業の業種と建設工事の例示(石工事業)
  6. 【建設業許可】 許可の区分
  7. 【建設業許可】許可申請書類の閲覧
  8. 【建設業許可】建設業の業種と建設工事の例示(消防施設工事業)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP